間違った毛穴ケア方法とは?

★ お肌にダメージを与えない正しい毛穴ケア

肌荒れに悩む女性

毛穴ケアで守らなければならないのは、お肌にダメージを与えないことです。
今、広まっている、あるいは今まで効果を実感してきた方法には、お肌にダメージを与えてしまう方法も少なくありません。
間違った毛穴ケアは、お肌にダメージを与えてしまいます。
肌トラブルを悪化させないためにも、正しい方法を実行しましょう。

スポンサーリンク

肌は思っているよりも薄い
「ニキビができやすい」「毛穴に問題が・・・」などという悩みを抱える方は多くいらっしゃいます。
毛穴ケアは正しく行えばニキビ予防になり、毛穴の悩みで肌に自信が持てないということも避けられます。
しかし「正しい方法で行えば」の話です。
場合によっては間違った毛穴ケアでも、そのときは効果を実感できることがあります。
でも長い目で見ると、毛穴の問題を悪化させることもあります。
毛穴の問題を悪化させれば、ニキビができやすいだけではなく、治りにくい肌にしてしまう危険もあるのです。
たとえば毛穴汚れや角栓を落とすために、強引に絞り出すのは肌へのダメージが大きいことはご存知ですよね。
たとえば頑固にこびりついている角栓をコメドプッシャーで無理に押し出すこと。
毛穴ケアを正しく行うためには、「お肌にダメージを与えないこと」を守る必要があります。
一気にキレイにしたいのは誰もが同じですが、思っているよりも肌は薄いため、強引な力で毛穴ケアをしたらそれだけ悪化させてしまいます。
ブラシ洗顔が無意識に肌に傷をつけることと同じです。

肌荒れに悩む女性

肌のダメージが大きければ毛穴は悪化する
肌が健康な状態であれば、多少のダメージがあっても、回復するまでの期間は短く済みます。
健康な肌を維持させるために、日頃スキンケアを行っているわけです。
しかしダメージを与えられ続ければ、肌の回復はそれだけ遅れてしまいます。
もちろんダメージが蓄積し、コンディションが思わしくないままの肌になってしまうのです。
毛穴もそれと同じです。
お肌が健康であれば毛穴の開きやトラブルの回復が早くなり、毛穴が気にならない肌になっていきます。
ダメージがなければ、しぼんでいても、開いていても、肌のハリで毛穴が目立たなくなるのです。
強引な毛穴ケアはダメージを肌に蓄積させるため肌の回復は望めません。
状態がひどい場合は、炎症で毛穴が目立つようになってしまいます。
またニキビも治りにくく、できやすい状態になるのです。大切なポイントです。
肌へのダメージを避ける毛穴ケアを選びましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です