ケミカルピーリングの注意点

★ ケミカルピーリングの注意点とデメリットとは?

ケミカルピーリングは肌の色々なトラブルを改善し、綺麗な肌を再生することができるということで人気がありますが、その反面色々なトラブルがあるのも事実です。
ピーリングを行うと、シミやニキビ跡などがきれいになると言われています。

スポンサーリンク


これは酸で古い角質を剥がすことで皮膚が再生する力を利用した施術ですが、肌にとっては大きな刺激になることが多くトラブルが尽きないようです。
なかでも多いのが肌の火傷です。
それでは、ケミカルピーリングを受ける前に注意する点はどのような事でしょうか?

信頼できるクリニック、エステ店を選ぶ(クチコミ等もチェック)
アトピー性皮膚炎、アレルギー体質、肌が弱い人は慎重に
肌の疾患がある場合はNG
妊娠中、授乳中は避ける
傷跡、ケロイドが出来やすい人はやめた方が良いでしょう

このようにいくつかの注意点を参考にして、ピーリングを受けたときにやけどしたり、肌荒れや色素沈着などのトラブルが起きないようにしてください。
特に顔にやけどを負ってしまうと、その後の人生までも変えてしまうことになりかねないので、副作用や注意点はどのようなものかを十分に納得した上で受けるようにしてください。



スポンサーリンク

【赤ら顔にピーリングは逆効果】
赤ら顔にピーリングをしたら余計に症状が悪化した、またはケミカルピーリングをしたのが原因で顔が赤くなった人がいます。
結論から言うと赤ら顔の人は極力行わない方が良いようです。
赤ら顔にピーリングが何故悪影響となるのかを解説しましょう。
きちんと原因を把握し今後のケアの参考にしてください。

ピーリングをすることによって赤ら顔が悪化する理由は皮膚への刺激ですが、肌へ刺激を与えてしまうだけでなくケアの後も刺激に弱い状態にしてしまいます。
肌は角質によって様々な刺激から守られています。
しかし、ピーリングはその角質をキレイに除去してしまうため、肌が刺激に敏感となってしまいます。
赤ら顔になる原因は刺激によって毛細血管が広がってしまうことです。
そのため、ピーリングをすることで顔が赤くなってしまうだけでなく、その後も赤くなりやすい状況が続いてしまうのです。

古い角質が肌から剥がれずに残ってしまうのは良いことではありませんが、完全に除去してしまうのも良くありません。
たとえ美容効果があったとしても赤ら顔に関しては行ってはいけないのです。
脂性肌のような皮脂の分泌量が多い肌質であれば、ピーリングは美容効果に優れています。
しかし、赤ら顔に悩まされているような敏感肌や乾燥肌の人にはピーリングは逆効果を引き起こす事が多いようです。
まとめるとケミカルピーリングの主なデメリットは刺激、一時的なバリア機能の低下の2つとなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です