ピーリングとは

★ ピーリングとは?(化学的ピーリングと物理的ピーリング)

ピーリングは大きく分けて2種類になります。
化学的なピーリング物理的ピーリングです。
実際にはピーリングの種類は沢山あり紹介しきれないので、ここでは一般的な施術のみご紹介します。

スポンサーリンク

【化学的なピーリングとは】
一般的にケミカルピーリングと呼ばれるもので、酸を直接肌に塗り、角質を溶かしていくもので、これはさらに2つに分かれます。
AHA(アルファヒドロキシ酸)、BHA(ベータヒドロキシ酸等のことで、ピーリング石鹸やピーリングジェルは、前者のAHAの方です。
AHAとはりんご酸、クエン酸、乳酸、グリコール酸 などの天然由来の成分が主成分です。
そのため一般的にはフルーツ酸とも呼ばれていて比較的刺激が少ないことで知られています。
巷ではよく「危険だからやめとけ!」というような意見があり避けられることが多いのですが、実は勘違いで「BHA」という超強力な化学物質を使ったピーリングのと勘違いされています。
「BHA」はおもに、TCA(トリクロール酢酸)、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールなど、ピーリング作用がかなり強く、そもそも日本人の肌向けではないと言われています。
市販のピーリング用品はほとんどがAHA(フルーツ酸)なので特に心配する必要はありませんが、念のため成分表記はよく確認しておきましょう。
クリニックやエステなどで施術を行う場合は「BHA」のような高濃度な成分を使うことが多いので注意しておきましょう。



スポンサーリンク

【物理的ピーリングとは】
薬剤は使用せず、物理的な力で強制的に剥がしていくものです。
レーザーピーリング、ダイヤモンドピーリング、スキンスクライバー、ソルト、クリスタル等があります。

レーザーピーリングは、レーザーで古くなった角質を安全に取り除き、お肌の再生を促しきめの細かい弾力のあるお肌を取り戻す施術です。
蓄積された古い角質層を除去することにより、新陳代謝を促進させ潤いのある皮膚を取り戻します。
ケミカルピーリングによって乱れたターンオーバーのサイクルを正常に戻すと、新しい皮膚の再生が促され肌の透明感も増します。
肌表面の角質をはがす際、毛穴に詰まった皮脂汚れも取り除きますのでニキビにも効果があります。
ケミカルとレーザーを併用することで、新陳代謝を高め様々なトラブルを改善します。

ダイヤモンドピーリングとは、文字通りダイヤモンドを使って角質ケアを行う方法です。
細かいダイヤモンドの粒子がついているハンドピースを使い皮膚を削っていくというピーリング方法です。
ダイヤモンドピーリングは痛みも少なく、出血やダウンタイムもないため、これまでピーリングを躊躇していた方にもオススメのピーリング方法です。

スキンスクライバーとは、細かい超音波を出す専用の機械を用いて毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り除くピーリング方法です。
専用の機械は先端が金属のヘラになっていて、この部分を肌に滑らせることで余分な角質を削っていくのですが、このスクライバーに使用される金属は皮膚にダメージを与えないものを使用しているため安全と言われています。
しかし、金属アレルギーで心配な方は施術前に必ず相談して下さい。
また、このスキンスクライバーのピーリングは、ケミカルピーリングを行った後に併用して行うとより効果を発揮すると言われています。
ケミカルピーリングで肌の角質が柔らかくなったところをスキンスクライバーでごっそりと余分な皮脂を取っていくので、より多くの角質を取り除くことが出来ます。
施術時間は10分ほどで終了するため、他のメニューのオプションとして設定されているフェイシャルサロンが多いようです。
痛みもなく、施術が終わったすぐ後からお化粧もでき通常の生活を送れるため人気の施術の一つです。
毛穴の黒ずみが気になる、肌のキメを整えたい、くすみが気になるの方に特におすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です