プラスアルファのお手入れ(米ぬか)

★ 米ぬかの優れた美容効果・効能

【米ぬかの美肌作用】
クレンジングクロスなどはよく市販品で見かけますが、肌に傷をつけてしまうものや刺激となってしまうものも多いようです。
昔からあるやり方では、ぬか袋を利用する方法があります。
昔々の日本のお化粧は、ぬか袋、洗い粉で洗顔し、おしろいをつけて眉を描きと紅を引くという今とあまり変わらない手順で行われていました。
米ぬかには美肌成分がたっぷり含まれているため、昔から美容の為に使われていたのです。

スポンサーリンク


米ぬかを洗顔に利用することは、年配のおばあちゃん世代の方なら良く知っている方法です。
これは、毛穴のお掃除に効果的です。
もともとは米ぬかを扱っている米屋の手がいつも白いことで「米ぬかで顔を洗ったり、手にすりこんだら白くなるのではないか」と考えてぬか袋洗顔が始まったのでは、と言われています。
お風呂に浸かりながら、ぬか袋で優しくマッサージするやり方は現在でも実践している女性もおり、効果も認められています。
ぬか袋とは文字通り米ぬかを入れた袋で、洗い粉は豆の粉に生薬を混ぜたものです。
今のような石鹸が一般化するまでぬか袋と洗い粉は使われていたようです。
木綿で小さな袋を縫って米ぬかを入れて口を閉じ、洗うときは水を含ませてから顔や体をぬぐって最後に軽くゆすいで絞り、干していたようです。
米ぬかは栄養分が豊富で、放置しておくと傷むため、1~3日ごとに中身を取り換えていたようです。
そして米ぬかは、食べれば身体の中からも綺麗にする効能があります

【米ぬかの美白効果】
米ぬかには、以下のような成分が含まれており美白作用も期待できます。
オレイン酸
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンE
ナイアシン
γ-オリザノール
フェルラ酸
セラミド
ミネラル(カルシウム、リン、カリウム、鉄、ナトリウムなど)
タンパク質
炭水化物
食物繊維



スポンサーリンク

【米ぬか洗顔の効能】
ビタミンB郡で肌荒れ防止
ビタミンB郡が足りなくなると、肌荒れがおきやすくなります。
米ぬかにはビタミンB群が含まれているため、適切な皮脂の分泌量となりキレイなお肌を作ります。

ビタミンEで老化防止
米ぬかにはビタミンEが含まれており、老化を防止する効果があるます。
ビタミンEは抗酸化作用を持っているので老化防止に効果的だと言われています。

亜鉛が保湿を促進
米ぬかは亜鉛も含んでいます。
亜鉛が不足をするとお肌のバリア機能が落ちて乾燥しやすい肌になってしまいます。
米ぬかに含まれる亜鉛は保湿の対策にもなります。

y-オリザノールがシミ・美白に効果
「y-オリザノール」という成分が含まれており、この成分は抗酸化作用が強くメラニン色素の増加を防止してくれます。
そのため、シミ、美白に効果が高いと言われています。

メラニンの生成を抑制
米ぬかに含まれているフェルラ酸、セラミドにはメラニン色素が生成されるのを抑制する効果があります。
セラミドには保水効果もあり肌の水分を蒸発しないように守るバリア機能があるので、水分量の多い肌を作ることができます。

高い抗酸化力
ビタミンEの抗酸化作用で、メラニン色素を抑制し活性酸素によってコラーゲンが減少するのを防ぐ働きがあります。

皮膚の新陳代謝を促進
米ぬかには皮膚の新陳代謝を高める働きがあります。
米ぬかに含まれるビタミンB群とミネラルは皮膚の新陳代謝を高める働きがあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です