エステの費用対効果

★ エステの費用対効果はどうなの?

毛穴吸引の方法は多種多様となっています。
それぞれにメリットやデメリット、注意点などもありますので少しだけご紹介します。
ここでは、エステで行う方法と自宅でホームケアする方法を比較してみましょう。

スポンサーリンク

ホームケア
まず、1つは手頃で誰にでも手に入るシートタイプの「毛穴パック」です。
こちらは金額もエステなどと比べれば非常に安く、ドラッグストアなどで数百円から売ってる為、気軽に試すことができます。
皮膚の汚れを予め落とすピーリング剤なども同様に、数百円から数千円となります。
毛穴パックは毛穴の中に出来てしまった「固い角栓だけ」を取り除くものです。
毛穴の汚れはとても頑固で、粘着で取り出しても汚れが根強く残ってしまう場合が殆どです。
そして、その残った汚れの上にまた角栓が出来てしまうという事にもなります。
この毛穴パックは粘着タイプですので、角栓を抜く力は強いですが、という事は皮膚への負担もとても大きいのです。
商品によって、注意書きに最低○日は空けましょうと書いてあるのは、皮膚への負担をかけるためです。

次にホームケア用の毛穴吸引器を使用した場合です。
こちらは自宅でのケアで毛穴の中の皮脂を取り除く事ができますが、頑固な角栓はとれません。
それでも自宅で日頃から毛穴ケア行う事ができるので、エステに通うよりもこまめなケアができますね。
しかし、ホームケア用の毛穴吸引器は一般人が使用する為の物なので吸引力は弱めです。
という事は、こちらも根強く残っている毛穴内の汚れ、皮脂が完全に取り除けるとは限らないという事です。



スポンサーリンク

【エステ】
こちらは、マッサージの方法や皮膚の事など、しっかり勉強し資格を持っているプロの方々が専用の機器などを用いて行う為、しっかりと毛穴を綺麗にしてくれます。
綺麗にするだけでなく、顔のマッサージや皮脂の過剰分泌を抑えたり、毛穴を引き締めてくれたりと、美肌へのアプローチもしてくれるので効果テキメンです。
しかし、専門家にケアしてもらうのであたりまえですがお金がかかります。
そしてやはり気になるのは、その費用です
市販の毛穴パックの費用は、数百円から数千円まで様々ですが手が届く範囲と言えます。
皮膚の汚れを予め落とすピーリング剤なども同様に、数百円から数千円となります。
ホームケア用の毛穴吸引器は、安い物で千円以下の物から、数万円の物まで様々な種類が販売されています。
それでは、エステで毛穴吸引等の施術を行った場合はどうでしょう。
こちらはお店によって内容も様々ですし価格もだいぶ変わってきますが、たいていは時間単位の値段となります。
一回45分間のケアで数千円からありますが、もちろん1万以上するところもあります。
必ずホームページや電話で料金と施術内容を確認し、納得できてから申し込みをしてください。
ネットでの口コミを確認する事も役に立ちますが、中にはサクラの書き込みも存在したりします。
高額な出費になるので、後で問題がおきないよう慎重に調べてください。
エステでは毛穴吸引だけではなく、肌の調子を整えてくれる訳ですからそれなりの値段がかかるのは当然ですね。

まとめとしては、毛穴のトラブルがひどく悪化してしまい、セルフケアだけでは改善が認められない状況であれば、多少の費用をかけてでもプロの手を借りたほうが、確実にお肌をきれいにできる。
しかし、日頃からホームケアを怠らなければセルフケアで改善可能な程度のトラブルで防ぐこともでき、費用もあまりかからずに済む、というところでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です