思春期と多量な皮脂

★ 思春期と多量な皮脂の関係とは?

10代は一生の中で最も皮脂の分泌が盛んになるときです。
そのため思春期ニキビなどのトラブルで悩む人も多いのではないでしょうか?
皮脂の分泌量にはもちろん個人差があり、20代、30代になっても皮脂の量が多くて困ると言う人も多くいます。

スポンサーリンク


毎日洗顔しても、すっきり綺麗な毛穴にならない・・・という人は、肌がまだ若いのか、もしくは皮脂の分泌量が平均よりも多いといえます。
一般的な洗顔をしてもトラブルが起きる場合は、オイリー肌専用のパックやスキンケア商品などでケアをすることも試してみましょう。
日頃から気に掛けることで綺麗な毛穴を目指していきましょう。

【年代別の皮脂分泌】
毛穴に重要な影響を及ぼす皮脂ですが、年齢によってその分泌量が変化します。
そのため、自分の年齢にあったケアを行うことで、その後に続く毛穴対策も行えます。
10代は皮脂分泌が非常に盛んでニキビなどが気になってくる年代です。
中高生くらいになると、毛穴の開きや黒ずみに悩む人も多いのではないでしょうか。
20代に入っても分泌はそれほど衰えず、ケアの仕方によっては毛穴の悩みが増幅することにもなります。
30代では分泌量は減少してきますが、皮脂による悩みではなく、乾燥やたるみによって毛穴が逆に目立ったりしてしまうことも多くあります。
十分なケアを行っておかないと、後々毛穴の開きに拍車がかかることになります。
自分の肌の毛穴の様子をしっかり観察しながら、ケアを継続していくことが大事だと言えます。

【鼻の頭の毛穴・角栓】
皮脂の分泌が多くなると鼻の頭の毛穴が目立ってくることがあります。
いわゆる「いちご鼻」ですが、この対策として良く毛穴シートパックが使われてます。
貼り付けて剥がすタイプの毛穴パックが流行し、角栓や汚れがとてもすっきりと取れることで人気を呼んでいます。
比較的安価な物が多いので若い人たちが多く使っているようです。
手軽に使えることから試したことのある方も多いと思いますが、実はこの剥がすタイプのパックは「毛穴が逆に広がってしまうので肌に良くない」という声もあります。
しかし、使い方さえ誤らなければ良い面もあります。
パックはあくまでも汚れや角栓を取るだけが目的なので、パックをはがした後は毛穴が開いた状態です。
したがってその後のケアを怠ってしまうことは危険極まりないのですが、毛穴を優しく化粧水や冷水で押さえることで徐々に元の綺麗な毛穴になります。
手触りも使用前のザラザラした感触とはかなり違っているはずです。
もちろんやりすぎは良くないので、汚れが気になるときだけ、1週間に1度くらいを目安にして使用しましょう。



スポンサーリンク

【保湿・水分補給】
肌への水分が足りていないと、毛穴の黒ずみが目立ってしまうことを知っていましたか?
皮脂量が気になる場合、水分については二の次になりがちな人が多いと思います。
それに加え、肌がべたつくせいもあって、肌の潤いが足りていると思ってしまうケースもあり、肌の水分量は意外と見落としがちなものです。
肌の水分が不足すると、乾燥して毛穴は外側に引っ張られるような状態になり開いてしまうのです。
そのため、角栓や汚れが余計に目立つようになってしまいます。
お肌に潤いを持たせることで、落ち着きを取り戻し柔らかい毛穴になるので、洗顔などでも簡単に汚れが落ちていくように生まれ変わります。

【季節の変わり目に注意】
季節の変わり目は、気温の変化などによって肌もあれてしまいがちです。
特に、夏から秋に変わるときは要注意です。
現代の日本は猛暑が長い間続き、急に寒くなるという異常気象とも言える環境です。
肌が急激な変化に追いつかず、今までのケアでは足りなくなったり、合わなくなったりというトラブルが起きやすいのです。
また、秋から冬に変わる時に急激な空気の乾燥が始まります。
毛穴は、乾燥しすぎても、油分をとりすぎても良くないとお話した通り、季節の変わり目は特に注意して観察することが大事です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です