肌の観察習慣

★ 肌の観察習慣で美肌ケアしましょう♪

肌の手入れの中でとても大事なことは「鏡で自分の肌を良く見る」ということです。
それまでは毛穴の開きの悩みの無かった人でも、いつの間にか毛穴の汚れや開き、コメドなどが出来ているというケースは結構多くあります。

スポンサーリンク


気になるトラブルが無いときには、自分の肌は丈夫だろうと思い込み、注意深く自分の肌を見ることがあまり無かったので自分の肌が徐々に変化していることに気付かないのです。
毎日鏡を見て毛穴の調子やキメなどの様子を把握することが、その後の手入れの方法や、今のケアとの相性を見極める鍵になります。
自分の肌をよく知るということが何よりも大切な美肌ケアの第一歩ではないでしょうか。

【継続したケアが重要】
毛穴の黒ずみや開きは、短期間で解決するものではありません
今現在目立ってしまっている毛穴は、今までのケアの問題点の積み重ねと言えます。
すぐに毛穴が綺麗さっぱり目立たなくなるというような洗顔料や化粧水・美容液などはどこにも無いのです。
パックも同じことで、1回のパックだけで全て綺麗な肌に戻るということは残念ながらありません。
しかし、しっかりしたケアを継続していくことで必ず良くなるものですので、希望を捨てずに気長に頑張っていきましょう。

【過度な手入れを避ける】
鏡を見れば、毛穴が気になりついつい手で角栓を押し出したり、擦ってしまったりするという方は多いと思うのですが、なるべく肌には触らないようにするのが美肌への道です。
毛穴に詰まった汚れは、指でつまんだり押したりすればニュルっというような感じで飛び出てきたりします。
しかしそれは毛穴の汚れを取っていることにはなりません。
細胞が傷つき、かえって毛穴の目立ちが酷くなります。
爪や指に付いたばい菌が毛穴に入ってニキビの原因ともなってしまいます。
そのほかにも、様々な化粧品などを使った過度な保湿やパックも同じで、やり過ぎは肌が負担に耐えられなくなってしまいます。



スポンサーリンク

【保湿の大切さ】
毛穴の汚れや油分が気になる時は、さっぱりしたタイプの化粧水などを使用しがちです。
しかし、毛穴には保湿が重要なのです。
保湿が不十分だと、たるみの原因となりますし、若いうちは「たるみなんて関係ない」と思っていても、肌の老化がも早まってしまう恐れがあります。
肌がたるむと、あらゆる毛穴が目立つようになり、キメなども荒くなりがちです。
特に冬の寒い季節は、乾燥してハリが失われる時ですから注意が必要です。
やはり重要な事は、若い頃からの継続したケアなのではないでしょうか。
肌は女性の一生の宝といわれるように、大切な要素です。
肌のきれいな若いうちから、必要最低限のケアは行いましょう

【汗と皮脂の勘違い】
半身浴で汗を流して「毛穴の掃除をする」という風に思っている方が多いですが、実は発汗すれば毛穴から老廃物が出るというのは間違いなのです。
汗腺と毛穴は別の物です。
適度に汗を流すのは身体に良いことですが、それだけでは毛穴の掃除は出来ないのです。
大事なのは古い角質を溜めないようにすることです。
ただし、半身浴でじんわり汗をかけば毛穴も広がって肌自体も柔らかくなっているはずなので、そこでたっぷりの泡や刺激の少ないオイルなどでマッサージすると、毛穴が綺麗になるということは言えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です