帯状毛穴の原因と対策

★ 帯状毛穴の原因と対策を知りましょう

帯状毛穴(たいじょうけあな)はたるんだ毛穴同士が小じわで結ばれ連なった状態のことをさし、肌の老化が進み始める30代半ばくらいの、特にオイリー肌や混合肌タイプの人に起こりやすい現象です。

スポンサーリンク


また、帯状毛穴は鼻の横から頬にかけてのほうれい線周辺の広い部分にできやすいので、年齢よりも老けた印象を作ってしまう原因になります。
帯状毛穴は、肌からツヤを奪い、シワの原因ともなります。
帯状毛穴になってしまうと、とても目立ってしまいますので早めの対策をおすすめします。
これは毛穴の開きと肌のたるみが主原因でおこってしまうため、帯状毛穴になると改善させるためには時間がかかります。
本気で改善していくのならば、美容外科、皮フ科などのお世話になり、集中的なケアが必要となってきます。
まずは日頃のケアで帯状毛穴にならないようにしていくことが重要ですね。

帯状毛穴の原因
皮脂の過剰な分泌や乾燥、加齢、紫外線などによっておきた皮膚のたるみにより毛穴が広がることで起こります。
年齢を重ねると誰でも肌がたるんだり、ゆるんできたりし、シワが深くなったり、目尻、法令線のシワなどが目立つようになってきます。
同じように毛穴もたるんだ皮膚に引っ張られ、たるみ毛穴ができ、それが帯状毛穴となります。
肌のたるみは角層深くにある真皮と呼ばれる層にあるコラーゲン細胞、セラミド、エラスチンといった肌を支える繊維が減少するからです。
特に30代~40代にさしかかるころからハリや弾力が著しく低下するようになります。
身体の老化をストップすることは不可能ですので、このような悩みは誰にでも起こりうる問題と理解しておきましょう。

スポンサーリンク

帯状毛穴の対策
まずは、帯状毛穴の原因である「開いた毛穴」と「お肌のたるみ」を改善することです。
帯状毛穴に効果のある成分には

ビタミンc誘導体
セラミド
フラーレン
コラーゲン
グロースファクター
プラセンタ
ナールスゲン
ライスパワー

などがあります。
これらを日常のお手入れや食事に積極的にとり入れて下さい。
化粧水、クリーム、美容液、サプリメント、家庭用美顔器、パックなどいろいろな方法があります。
身体の外側からだけでなく、内側からもアプローチしましょう。

少しでも早く改善したいと言う方は、エステサロン、美容皮膚科などで治療を受けるのが良いかもしれません。
当然費用も高額ですが、セルフケアではできない高度な施術を受ける事ができます。
また、専門家が行う治療と言えど、内容や体質によって副作用やダウンタイムなどのリスクはありますので慎重に検討してください。
プロが行う治療方法をいくつかご紹介します。

ヒアルロン酸注射
LED光治療
レーザー治療
グロースファクター注射

レーザー治療の中にはフラクセルレーザーやカーボンピーリング、サーマクールなどがあります。

ここで紹介した他にも、色々な治療やケアの方法がありますが、やはり一番大切なのはお肌の保湿と健康的な生活です。
年齢、性別を問わず、お肌を健やかに保つためには保湿は絶対に欠かせないケアですので、ぜひ日頃から心がけてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です