毛穴を引き締めて黒ずみを目立たなくする方法(No.1~No.2)

★ 毛穴を引き締めて目立たなくする方法とは?(No.1~No.2)

毛穴を引き締める方法は、基本的に毛穴の汚れを落とす事が大切です。
毛穴が皮脂や汚れ、化粧品などで詰まると毛穴が開いた状態になっています。
毛穴が開いたままにしていると、引き締めに効果のある化粧水でケアをしても意味がありません。
1度毛穴が開いてしまうと引き締めるのに時間がかかってしまいます。
毛穴のつまりを解消するために毛穴吸引をしたり毛穴シートを貼って毛穴パックをしたりしますね。
そうすることで毛穴のつまりは取れますが、毛穴が広がり逆効果となってしまいます。

スポンサーリンク

開いた毛穴を引き締めるには、正しい洗顔方法で綺麗に毛穴汚れを除去でき、除去する事によって引き締め化粧水等が効果を発揮します。
洗顔はできるだけ添加物や香料不使用の石鹸を使いましょう。
毎日毛穴の汚れを取る為の専用洗顔料で顔を洗う事は、ターンオーバーの妨げになります。
人によりますが、2~3日に一回程度、専用洗顔料で毛穴汚れを落とし、その他の日は肌に優しい石鹸でしっかり泡を立て洗顔するのが良いでしょう。

最後は水でタッピングをして引き締めましょう。
洗顔後に毛穴を引き締める効果のある化粧水を肌を抑えるように浸透させる事で少しずつ毛穴が引き締まってきます。
内側からの引き締め効果のあるビタミンCやコラーゲンを食事やサプリメントで摂取すると、代謝も活発になりおすすめです。

ここからは、毛穴の引き締めや毛穴の黒ずみに関するに関する様々な方法をご紹介します。

No.1【重曹で毛穴の黒ずみ解消】
身近なところで毛穴の黒ずみをとれる物に重曹があります。
重曹といえば食用の物もあって、お掃除でも大活躍していますね。
毛穴の黒ずみは、どんなに丁寧に洗っても洗顔料が毛穴の奥の汚れに届いていなければ取り除くことはできません。
しかし重曹は、洗顔料の粒子よりも小さいので洗顔料では届かなかった毛穴の奥まで入り込み、黒ずみの原因である汚れを取り除くことができます。

使い方はいくつかあり、スプーン1杯の重曹に水を少しずつ加え、トロッとした感じになったら毛穴の黒ずみの気になる部分に乗せて指の腹で優しくクルクルとマッサージをします。
つぶつぶした感触がなくなったら丁寧に洗い流しましょう。
重曹が肌に残ったままでは肌トラブルの原因になるので、きちんと洗い流すことがとても重要です。
洗顔料に少量の重曹を加えて洗顔するのも、同じように効果的です。
この場合にも、すすぎを十分に行うことが大切です。

この方法は効果が出やすい反面、肌への刺激にもなりやすいので、肌の様子を見ながら週に1回くらいの頻度にとどめて行ってください。
逆に肌を傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要ですよ。

スポンサーリンク

No.2【炭酸水で洗顔】
炭酸水の炭酸ガスは肌にほどよく刺激を与えてくれます。
その刺激により毛穴が柔らかく開きやすくなります。
そして洗顔時に毛穴が開いていることで、毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。
毛穴が開く原因となる角栓は、毛穴に詰まった皮脂と古い角質が混ざり合うことで発生します。
ですから常に綺麗な毛穴を保つことができれば毛穴に皮脂や角質が詰まることがなく、毛穴の黒ずみや角栓が発生することもありません。
そして炭酸水の性質上、肌の皮脂汚れを浮かせて落とす効果あると先ほど説明しましたが、その理由は炭酸の泡はタンパク質や皮脂を吸着する性質があるためです。
角栓の元となる古い角質というのはタンパク質でできています。
そのため炭酸の泡は開いた毛穴から角栓をも除去できるかもしれないということなのです。
頑固な角栓は簡単には除去できませんが、炭酸の泡により角質を柔らかくしていくことは可能です。

角栓詰まりが原因で起こる肌トラブルは毛穴の黒ずみだけではありません。
ニキビもその一つです。
ニキビにもこの炭酸水洗顔は有効だという事なのです。
毛穴を開いて汚れを落とすことで、赤ニキビなど炎症の原因となるアクネ菌の増殖を防ぐこともできます。
炭酸の泡は毛穴の黒ずみ・ニキビの他にも皮脂や古くなった角質による毛穴トラブル改善にとても効果的だということです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です