毛穴引き締めに冷水は?

★ 毛穴引き締めに冷水は効果があるの?

例えば、真冬にずっと寒い外にいると毛穴が引き締まりますね。
それと同じで冷水で冷やすのは、毛穴の引き締めにとても効果があります。
ただし、この効果はあくまでも一時的なものでしかありません。
人間の肌には血液が流れています。
冷水のおかげで肌温度が下がっても、すぐに元の肌温度に戻ってしまうのです。
体温と同じぐらいの温度になれば毛穴は自然と開いていきますから、冷水で冷やしたとしても毛穴の引き締め効果を維持することはできません。


スポンサーリンク


冷水は逆効果?
「洗顔後に冷水で引き締めると良い」とよく言われていますが、本当は逆に化粧水や美容液の成分の浸透を妨げてしまうことになります。
確かに毛穴が開きっぱなしだと内側の水分がどんどん逃げてしまいますので、引き締める必要はあります。
しかしスキンケア前に引き締めてしまうと、肌の浸透力が低下してしまいます。
保湿成分などを効率よく補給できなくなり肌の弾力が失われたままで、結果的に毛穴を引き締める効果を得ることができないのです。
ただし、一時的であっても冷水で冷やして毛穴を引き締めることは、ムダではありません。
毛穴には、開いたり閉じたりする筋肉が存在しています。これは自分で意識してケアしないと鍛えることが出来ないのです。
実際「蒸しタオルなどで毛穴を開かせて、冷水で引き締める」これを繰り返していると毛穴の筋肉が鍛えられます。
このようなケアをするのであれば、冷水も無意味ではないのです。
ですが、この方法では残念ながら毛穴の引き締めを継続させる効果はありません。
なので、スキンケアできちんと保湿します。
毛穴自体が弾力を持てるようにすることが、引き締めには一番効果的です。

夏場の毛穴対策
冬は気温が低く、特に屋外にいると肌がきゅっと引き締まって毛穴も目立ちにくくなります。
逆に気温の高い夏は、いくら毛穴対策をしていても毛穴の開きが気になるものです。
暑い時期になると体感温度が高くなりますが、実は皮膚の表面温度も変化をしていて、冬と比べると約13度も高いと言われています
ちなみに気温が35度の場合、冬場と比べると皮脂量はなんと2倍以上にも増えるそうです。
さらに、皮脂量が増えることで毛穴は1.5倍にも広がってしまうため、夏場などの暑い時期には毛穴が目立ちやすくなるのです。

保湿
夏の毛穴対策で大事なのは、保湿と引き締めです。
なぜ暑いのに保湿が必要なのかと思うかもしれませんが、夏は紫外線のダメージやクーラーで意外と乾燥しやすく、またウォータープルーフタイプのメイクは肌に負担をかけます。
ウォータープルーフタイプはメイク落とし時に強いクレンジングを使うため、夏はいろいろな面で肌機能が低下しやすといえます。
この状態を放っておくと、皮脂の過剰分泌や乾燥による毛穴の開きが起こります。
まずはしっかり保湿ケアをしましょう。

スポンサーリンク

引き締め
次に引き締めですが、毛穴はしっかり引き締めるとその状態を記憶し保とうとする働きがあります。
夏は自然な状態では毛穴が引き締まらないので、スキンケアのて手順に冷却を加えましょう。
保冷剤などを凍らせておいて、スキンケアの最後に毛穴の開きが目立つ部分に当ててください。
その際、直接あてないよう、ガーゼやタオルなどで包んで顔に当ててください。
長く当てすぎると逆に肌に負担になりますから、肌が気持ち良いと感じる程度まで冷やします。
保冷剤の引き締め効果は一時的ですが、繰り返し行うことで毛穴が引き締まってきます。
夏は冷却による毛穴対策も加えて毛穴開きを改善していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です