たるみ毛穴原因と対策

★ たるみ毛穴の原因と対策方法を知りましょう

肌のハリ・弾力の衰え、紫外線の影響や喫煙、加齢などの理由によって、しずくの形のように縦方向に広がってしまうのがたるみ毛穴です。
毛穴の周りの肌のハリや弾力がなくなり、毛穴の周囲をしっかりと支えることができなくなってくると、毛穴の周りの肌がくぼみ、毛穴が大きく目立ってしまうのです。

スポンサーリンク


毛穴の目立つ部分を2本の指でピーンと広げるように引っ張ってみてください。
それで毛穴が見えなくなるようであれば、それは「たるみ毛穴」です。
肌のたるみとともに毛穴はたるみにそって縦方向や横方向に伸びてしまいます。
たるみ毛穴は小鼻の横から頬にかけて目立ち始めることが多いようです。
また、開いた毛穴がでこぼこと目立って「みかん肌」「しずく形毛穴」などと言われることもあります。

たるみ毛穴原因
毛穴の大きさや肌質は人それぞれ生まれ持った体質が関係していますが、毛穴のたるみの主な原因は、加齢に伴うコラーゲンやエラスチンの減少にあります。
コラーゲンやエラスチンは、肌の弾力・ハリの元となっている成分で肌の真皮層を構成しています。
これらの成分が加齢や紫外線などの影響で減少することで、肌の水分量やハリ・弾力が低下。
その結果、皮膚にたるみが生じ、毛穴もひっぱられて縦に広がり、毛穴のたるみが生じてしまうのです。

その他、要因のひとつにお肌の乾燥があります。
お肌ケアにとって保湿は大前提となります。
日々のケアを怠るとさらに皮膚の奥「真皮」におけるコラーゲンの生成不良などにより、潤いを保つはたらきが衰えるからです。
コラーゲン不足は肌の弾力を衰えさせるので、ハリツヤ感も損なわれてしまいます。
また、表情筋の衰えも関係しています。
表情筋の衰えは肌のたるみにつながります。
フェイスマッサージや表情筋を鍛える「あいうえお体操」などでリンパや血液の流れを良くし、生き生きとした肌作りを心がけましょう。



スポンサーリンク

【たるみ毛穴対策】
まず必要なのは、栄養がしっかりと皮膚に供給される土台を作ること、すなわち皮膚細胞の回復です。
本来、誰もが持っている肌を健やかに保つ力を蘇らせ、ハリのある滑らかな美肌を目指しましょう。
これはたるみ毛穴対策だけでなく、その他の肌トラブルに共通する対策として有効ですのでぜひ意識して行ってください。
たるみ毛穴を防止する方法としては、ますはコラーゲンの減少を抑えなければなりません。
コラーゲンは加齢によって自然に減ってくるものなので、ある程度の減少は仕方がないのですが、紫外線の浴び過ぎや喫煙による活性酸素の発生などによってもどんどん消費されていきます。
つまり、コラーゲンの減少を少なくするような生活を心がける事で、お肌の弾力をある程度維持することができます。
活性酸素を発生させないという意味では食生活の改善や十分な睡眠によっても、コラーゲンの減少を抑えることができます。
また、直接コラーゲンなどをサプリメントや食品から摂取する方法も効果的です。
コラーゲンは加齢と共に見えないところで自然と減っていくものですから、それに合わせて摂取してあげれば急激な減少を抑えることができます。
そうして毎日こまめに洗顔とスキンケアを行い、かつコラーゲンの消費を抑える努力によって「たるみ毛穴」をそれなりに予防することが可能です。
身体の外側、内側の双方向からアンチエイジングを試みることが肝心です。
コラーゲンの生成を助けるビタミンCや、皮脂の分泌を適切にコントロールしてくれるビタミンB2などもたるみ毛穴防止には有効です。
美肌づくり以外にもビタミンは健康のために重要な栄養素ですから、食品やサプリメントなどから摂取するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です